御手洗(みたらい)


元来より潮待ち・風待ちに適した地形であった御手洗。
江戸時代になって船が進化し、海岸線伝いに航行する「地乗り航路」から、より航行距離・時間を短縮するため瀬戸内海中央を 航行する「沖乗り航路」が主流になっていき、元々ほぼ無人であった御手洗に寄港する船が増えてきました。

常盤通り 1666年(寛永6年)に広島藩の計画により、埋め立てや港湾の整備が始まります。
寄港する船への水や食料品の販売を行っていた当初の商いから、問屋業に発展、次第にその規模も拡大していき、広島藩の中では 宮島、尾道、そして御手洗にのみ許可された米相場が立ちました。
さらには各藩お抱えの船宿ができるようになると、御手洗が流通の重要な拠点になります。船宿は、単に水や食料の補給や船員の宿泊 だけでなく、荷物の受け渡しや藩との連絡など事務所としての側面も持ち合わせていました。現在もいくつかの船宿は、ほぼそのままの形で 残っております。

遠方との結びつきが強かった例としては、今でも海沿いに残る住吉神社があります。ここは関西の豪商、鴻池家が大阪の住吉大社を スケールダウンして寄贈したものとされています。

若胡屋 また、多くの人の出入りがある中で藩公認の遊郭も作られました。多いときは4軒の遊郭があり、花魁(おいらん)道中も行われていました。 最も大きかった遊郭「若胡屋(わかえびすや)」ではここ1軒で約100人の遊女を抱えていたそうです。この若胡屋は、遊郭としての役目を 終えたあと、寺院となり、第二次世界大戦後は引き揚げてきた人々の共同仮住居として使用され、その後内部は改装されて公民館となり、 現在においても祭事やイベントなどで活躍しています。現在でも、中を見学することができます(火曜日は休館)。
当時の全国遊郭番付では、西の11番目に御手洗が記されており、まさしく海に浮かぶ繁華街でした。

夏祭り 当時の勢いを感じさせる行事がひとつ続いています。
1700年代中頃から始まったとされる夏祭りです。大人二人が乗り、歌いながら太鼓を叩く櫓(やぐら=だんじり、太鼓台とも言われる)を担いで地区内を練り歩きます。 地区内の家々は、家の前に家紋の入った青い垂れ幕と提灯を掛け、街中が祭り一色になります。
夜は、笹で飾り付けたシンプルな櫓に替え、人が乗っているにも関わらず、右に左に、時には逆さまに激しく倒しながら進んでいきます。 その櫓の周りでは、三味線と踊りが華を添え、船宿の二階ではお酒を飲みながら、その光景を見物しています。
現在でも7月第4土曜日は、御手洗が江戸時代にタイムスリップします。

幕末になると、歴史的な重要度が一層高まります。
1863年(文久3年)に京都でクーデターを起こし失敗した公卿のうち、三条実美(さんじょうさねとみ)ら7人が都落ちし(=七卿落ち)、長州へ戻る 際に滞在しました。その場所は、当時庄屋をしていた竹原屋で、現在は「七卿館」として保存されています。
1867年(慶応3年)には、当時庄屋だった金子邸において、長州軍と芸州軍が討幕のための約定「御 手洗条約」を結びました。この頃には、薩摩藩の密貿易が御手洗で行われ、薩摩藩の重要な資金源になっていたり、坂本竜馬をはじめ、大久保利 通なども立ち寄った記録が残っており、倒幕運動を行ううえでの重要な拠点になっていたことも、近年明らかになっています。

また、人の行き来が増える中、文化的な交流も活発に行われました。
前述の金子邸の中には古い茶室が残っています。芸州浅野藩家老だった上田家に伝わる武家茶道、上田宗箇(うえだそうこ)流 の流れを汲むもので、その造りには大変歴史的価値があり、現在修復作業が行われています。
正岡子規に「過去四国一の俳人」と言わしめた松山出身の栗田樗堂(くりたちょどう)は、晩年約10年を御手洗で過ごしています。 現在でも御手洗中央に位置する満舟寺(まんしゅうじ)に墓碑があり、生前は樗堂を訪ねて多くの有名俳人がこの地を訪れたそうです。

一風変わったところでは、日本で初めて自転車による世界一周無銭旅行を行った中村春吉(なかむらはるきち)の出身地でもあります。 昨今の自転車ブームでも大きな脚光を浴び、有名自転車雑誌などでもたびたび取り上げられるようになりました。世界一周後も頻繁に 海外渡航しており、軍事探偵をしていたのではなど、多くの謎も残っています。春吉の住居が近くにあった天満宮の境内には春吉の碑 があり、現在でも多くのサイクリストが訪れています。

明治になると、船の進化とともに徐々にその役割を縮小していき、昭和30年代には法律改正により、色街としての賑わいも失いまし た。そして、この辺りを境に急激に輝きを失っていきます。

波止 次に光が当たったのが1980年代。映画「悪霊島」の舞台に選ばれ、御手洗を舞台にした大規模なロケが行われました。御手洗各所 を使用し、住民もエキストラ役に総動員されました。
その後、1994年(平成6年)に御手洗全体が国指定の「重要的建造物群保存地区」に選定されてからは、街並み観光に訪れる人も増え、現在では 日本中から、また海外からも足を運んでいただけるようになりました。御手洗は土地が狭いため、大きな豪邸は多くありません。しかし、その一見 地味な家々に使われている木材は立派なものが多く、柱や梁、建具など細かな部分に当時の繁栄ぶりを感じることができます。
江戸・明治・大正・昭和とさまざまな年代の建物が混在する、その個性的な街並は、多くの人を魅了し、映画やドラマ、アニメ、CMの舞台と して数多く使われています。
下に代表的なものをいくつか紹介しておきます。


種類タイトル出演・声優・監督
1981年(昭和56年)映画悪霊島鹿賀丈史、岩下志麻
1981年(昭和56年)映画男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎渥美清、松坂慶子
1995年(平成7年)ドラマ(フジ)小栗家の軌跡中井貴一、藤岡琢也
2006年(平成18年)映画旅の贈りもの 0:00発徳永英明、櫻井淳子
2007年(平成19年)CMパナソニック「ココロつなぐ物語 第2話」梅澤レナ
2009年(平成21年)ドラマ(NHK)火の魚尾野真千子、原田芳雄
2011年(平成23年)アニメたまゆら佐藤順一
2011年(平成23年)映画聯合艦隊司令長官 山本五十六役所広司、吉田栄作
2012年(平成24年)アニメ映画ももへの手紙優香、西田敏行
2013年(平成25年)映画夏休みの地図山本太郎、奥菜恵
2014年(平成26年)ドラマ(NHK)戦艦大和のカレイライス秋元才加、三浦貴大
2014年(平成26年)CM大塚製薬「オロナミンC」桜井翔
2016年(平成28年)CMサントリー「オランジーナ」サロメ・デ・マート

2009年(平成21年)には「安芸灘とびしま海道」が開通し、本州と地続きに。
本州呉市川尻町から伸びる橋は、下蒲刈島・上 蒲刈島・豊島・大崎下島(御手洗のある島)・岡村島(愛媛県)まで、県をまたいで繋ぎ、瀬戸内海の多島美を存分に味わえる 極上のルートとして、ドライブ・ツーリング・サイクリングなどに、またマラソンや自転車など各種イベントに幅広く利用されています。(本州~下蒲刈島間の安芸灘大橋のみ有料)
他の島々も、御手洗同様、映画やドラマのロケに多く使われています。こちらも参考までに近年の代表的なものをいくつか紹介します。


種類タイトル出演・声優・監督場所
2004年(平成16年)映画海猿伊藤英明、加藤あい上蒲刈島
2011年(平成23年)ドラマ(日テ)この世界の片隅に北川景子、小出恵介上蒲刈島
2011年(平成23年)映画サルベージ・マイス谷村美月、宍戸開下蒲刈島
2013年(平成25年)ドラマ(フジ)海の上の診療所松田翔太、武井咲上蒲刈島
2015年(平成27年)CMダイハツ「CAST」板尾創路、綾部祐二大崎下島(立花地区)
2016年(平成28年)映画モヒカン故郷に帰る松田龍平、柄本明岡村島を除く全島

※ 火曜日は御手洗観光施設の定休日です。お越しの際は気を付けてください。